2009年03月06日

視力回復と子供の眼

視力回復が必要になる子供の大半は、だいぶ前から見えにくい
状態になっていることが考えられます。
視力の低下は急に起こるのではなく、徐々に徐々に低下していき
ます。

子供は大人と比べて、その変化が自分自身で気づきにくいため、
気づいた時には視力矯正や視力回復が必要になる場合も多いよう
です。

10歳位までに脳の発達が完成するように、眼の機能も、
3〜6歳にかけて完成すると言われているので、親は
注意深く観察してあげるようにしましょう。
定期的に視力検査を行うことなどもお勧めします。

視力回復が必要になった子供の多くは、成長期の過程、半年程度で
急に視力が低下したようです。
本来視力は徐々に低下するものですが、成長期で体や心の成長が
著しい時期は、視力の低下も進行しやすい状態になるそうです。
そういった時期は特に、できれば半年に1回の目安で、視力の動き
を調べておくのも良いでしょう。

視力の低下で、視力回復が必要になると子供自身にも負担が掛かって
きます。授業中に黒板が見えにくくないか、教室内の物が見えにくく
ないかなど、家庭の中でも声がけをしていきましょう。
子供自身も眼の変化に気づくきっかけになるかもしれません。

視力回復が必要な子供になる前に子供の眼について理解し、
視力回復のお世話にならないよう、子供の眼を守っていきましょう。







posted by 川村博士の視力回復法【ジニアスeye】 at 21:11 | TrackBack(1) | 子供の視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

指でシャシャシャ三時間してきました!
Excerpt: 肉棒より指攻めが好きなナースに三時間クチュクチュしてきましたw 後半は普通に肉棒いれて中に出してたけど失神して気付いてなかったwww それで39萬もらえるとかオイシすぎるwww
Weblog: あわび本太郎
Tracked: 2009-03-08 10:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。